タイトル

 2022年は「石見銀山遺跡とその文化的景観」の世界遺産登録から15年目です。
15周年を記念するとともに、石見銀山遺跡の価値を守り、伝えて、地域の未来に活かすスタートにしませんか?

世界遺産ってなんだろう?

 世界遺産は、世界のすべての人たちにとって大切なもので、人が作り出した文化財などの文化遺産と、自然景観や環境などの自然遺産があり、世界の平和と人々の福祉をすすめる国際的な組織のユネスコが定めています。

石見銀山はどうして大切なの?

 石見銀山は500年近く前に開発され、16世紀の一時期には世界でも1、2の銀生産量を誇りました。その時代には銀が世界共通の通貨として使われ、石見銀山の銀を求めてヨーロッパの人たちが東アジアの港を訪れるようになりました。
ヨーロッパとアジアをつなぐ航路ができ、文化の交流が生まれるきっかけとなった銀山として、世界史的な意義があります。

 銀を生産した跡、運んだ道と港、守った城の跡などが遺跡として残り、銀山に関係して成立した町には今も人々の暮らしがあり、世界史的な意義とともに評価されました。

銀山王クイズ

↑↑「めざせ! 銀山王クイズ」回答はこちらから↑↑